畜産資材 EXPO 特設ゾーンのご案内

トップ > 出展のご案内 > 畜産資材 EXPO 特設ゾーンのご案内

新設ゾーンを設置。貴社製品に合わせた場所をお選びいただけます。

スマート畜産ゾーン

家畜モニタリングシステム市場(家畜の発情検知、分娩監視、健康状態・疫病監視など)は、2030年予測が56億円(2018年比の3.5倍)。
特に、中・大規模畜産農家や酪農家は、飼養頭数が多いため管理や作業負担の軽減ニーズが高く、投資力もあることから、システムの導入が進んでいます。
一方、小規模酪農家・畜産農家も飼養牛の高齢化が進み、事故の際の農場経営へのダメージも大きいため、管理や作業負担の軽減ニーズは高まっています。

畜産資材EXPOの中に、スマート畜産ゾーンを新設。全国から来場する48,000名*の業界関係者に、貴社製品のPRや商談を行える絶好の場です。

*同時開催展を含む

<出展対象製品>

下記製品・サービスを取り扱う メーカー・商社
閉鎖型畜舎システム      搾乳ロボット          餌寄せロボット      

家畜モニタリングシステム(家畜の発情検知、分娩監視、健康状態・疫病監視など)
AI,IoT,ICT           飼育管理システム
                                      …など

<来場対象者>

養豚農家           養鶏農家            養牛農家
卸売業者           農協              ホームセンター
官公庁・自治体        その他畜産農家(馬、羊など)            
                                        …など

関連ページ

出展のお問合せ